害虫駆除専門の「ノア」です。シロアリ、ゴキブリ、ネズミ駆除、店舗クリーニング、防カビ対策、消毒等ならノアにお任せ下さい!安心の5年保証付!!

シロアリ・害虫駆除なら 有限会社ノア お電話によるお問い合せ フリーダイヤル0120-91-6464
会社概要
エリア
これまでの実績
ご契約までの流れ
予防方法
ゴキブリ駆除
ねずみ駆除
シロアリ駆除
防カビ対策
お問い合せ
TOPへ

予防方法

ゴキブリ予防方法

対策1 侵入を阻む
 

まずゴキブリを家に侵入させないようにすることが第一。
窓やドアの開けっぱなしは言語道断。開ける場合は必ず網戸を閉めましょう。
侵入経路として多いのは、ドアや窓以外でもちょっとした隙間から侵入してきます。
隙間がある場所を事前によくチェックしておき、ふさげる場所は徹底的にふさぎましょう。
集合住宅の場合、いくら家の中をきれいにしていても、建物自体に巣くっていることがあります。
押入れや天袋など、隅の方にちょっとした隙間はありませんか?
こうした場所もよくチェックし、ふさいでおくほうがベターです。
それから侵入経路として多いのは、排水溝。
洗面所や風呂、台所など、使わない時は排水溝に蓋をしておく習慣をつけましょう。
他に換気扇の隙間や、エアコンの排水ホースからの侵入などもよくあるパターンです。
換気扇は隙間ができないようにフィルターをしたり、排水ホースにはネットや不要になったストッキングで口をカバーするなどした方が良いでしょう。


対策2 清潔第一
 

万が一侵入されたところで、清潔で餌の無い環境ではゴキブリは居心地が悪いもの。
特に食品がある台所は衛生面に気を付けましょう。
まずよごれた食器は流しに溜めないようにします。
夜の洗い残しを朝まで放置するのはキケンです。
水周りを好む習性がありますので、特に注意しましょう。
ダイニングは食品の食べこぼしなどが床に落ちていないか、しっかりチェック。
残ったおかずなども、ラップをしてテーブルの上に置いたりしないようにしてください。
動物を飼っているお宅は、少なくても夜だけは餌を片付けたほうが良いです。
ビールの空き缶やビンは、中をきれいにゆすいでから捨てるようにし、生ゴミはしっかりと口を閉じてこまめに捨てます。
夏の間は害虫対策以外の意味でも、臭いなどの面で生ゴミの処理は大変です。
生ゴミ処理機を導入されるのもおすすめですが、ゴミの回収日までの間、しっかりと密閉容器に入れた状態で冷凍してしまうのも良いと思います。



対策3 巣を作らせない
 

観葉植物などの植木鉢は、できるだけ置かないようにしましょう。
巣になったり、土に産卵したりすることがあります。
ゴキブリは狭くて暗い、ジメジメとした場所が好きです。
でも狭いといっても、ゴキブリにも好み広さがあり、その幅は約1センチ。
なので家具と壁がちょうど1センチ位だわ、というお宅は、すぐに幅を広げるか、ピッタリ付けてしまいましょう。
カビの予防などの面からいうと、2センチ以上離した方が良いと思います。
それからゴキブリはダンボールが大好き。
台所の棚などに、ダンボールに収納している物はありませんか?
巣になる可能性大です。
また、冬でも暖かく保たれるため、越冬場所として潜むこともありますので、できるだけダンボールは避けましょう。


ネズミ予防方法
 

ネズミは自分の頭ほどの穴があれば通り抜けてしまいますので、通路となるような壁などの穴を塞ぎ、排水口や通気口などは、入り込めないように金網で塞ぐようにする。特に、台所の見えないところにある壁の隙間や浴室などの排水口に付けられている「め皿」に注意して下さい。

対策1 ネズミのエサとなるものは放置しない

 

食品類はふた付きの容器に収め、夜間放置しないようにしましょう。
生ゴミ類は速やかに処理し、ふた付きのゴミ容器に入れましょう。

対策2 通路をふさぐ。

 

排水口、通気孔などは、ネズミが入り込めない構造とし、配管のすき間、
壁などにできたネズミ穴はふさぎましょう。

対策3 巣を作らせない。

 

巣の材料となる紙や布類などを整理し、ひそみ場所となりやすい押入や床下、
下水周辺、物置などを清掃しましょう。

ページトップへ ページトップへ
(c) MediaAccessAll right reserved.